ログイン
ユーザー名:

パスワード:


素晴らしき我が街~発信


記事一覧


屋代を語る会(2014/8/24)

 『屋代を語る会』をご紹介します。

 『屋代を語る会』は、平成4年10月26日に発足。今年で22年目になります。
 「心豊かで潤いに満ちたふるさとの創造を目指して、屋代の歴史、文化、自然について学び、語り合い、そして会員相互の親睦を図る事」を目的としています。
 自分たちのまちは自分たちで守り造っていく!という志で、現在300名の会員の方がいらっしゃいます。

 主な活動内容は、屋代文化講演会、屋代歴史研究会の開催、盆踊りの大会の開催、花いっぱい運動の推進、一重山屋代城跡の草刈りと雑木間伐作業、地域総会誌「やしろ」の発行(年1回)など。

 そして元旦早朝の「森将軍塚で初日の出を拝むつどい」は、多い時で800人もの参加者が集まる、会の代表的な催し物になりました。
 TVや新聞などのニュースにも取り上げられるそうです。

 また平成23年には、江戸時代の北国街道の宿場「矢代宿」が開設されてから400年になるのを記念して、宿場跡に「矢代宿」の石柱(道標)と説明板を設置し、宿場跡を巡る「屋代まち歩き」を開催しました。
 この催しには地元屋代からだけでなく、長野市などから約60名が参加したそうです。

 会長の宮下さんは、「屋代の歴史を見詰め直すことで、地域の連帯や活性化にもつながる。」と話していらっしゃいました。

 他にも、屋代小学校でのふるさと学習の講師を行ったり、学校近くの店先や沿道に置くプランターの苗の植え替えを一緒に行ったり、屋代小学校の生徒との交流も行っています。

 こうした地道な取り組みがまちを豊かにして、「やしろのまちを知り、まちを語り、まちに誇りと愛着を」という精神が、町に住む子どもたちの心に自然と受け継がれていくのでしょうね。


 ☆ 屋代を語る会 ☆

  年会費 1,000円
  連絡先 宮下会長 TEL026(272)0064




 


▲ページトップへ
[イベント]
[暮らし]
[観光]
[千曲市]

 

素晴らしき我が街~発信
市民レポート
オンラインギャラリー
リンク集
スタッフブログ
エリアネット更埴ホームページ
エリアネット更埴facebookページ
掲載ご案内
ご利用ガイド

 このサイトは千曲市の発展と市民の利便性の向上を目的に、NPO法人エリアネット更埴が運営しています

Copyright(c) Areanet Koshoku All Rights Reserved     平成25年度長野県地域発元気づくり支援金事業