ログイン
ユーザー名:

パスワード:


スタッフブログ


記事一覧


手足口病(2011/8/09)    


今年の夏は、手足口病が子供たちの間で大流行しています。 手足口病とは、文字どおり、手、足、口の中に発疹ができるウィルス性の感染症で、夏風邪の一種です。 主に、乳幼児を中心とした子供が感染しやすい病気ですが、大人にも移るそうですので要注意。 感染経路は、つばによる飛沫感染や、便に排泄されたウィルスが口に入って感染する糞口感染、接触感染など。 対策としては、手洗いを徹底させることが大切なようです。
今年は、少し前に西日本で大流行していて、全国ニュースにもなっていました。 感染は徐々に東に移ってきて、とうとう私たちが住む地域にも広がってきたようです。 娘の通う保育園でも注意を呼びかけていましたが、ついに娘も手足口病に感染してしまいました。 今年のウィルスは例年とは型が違うようで、発疹は手、足、口だけでなく、全身に広がる傾向があるようです。 娘もはじめは「あせもか虫さされかな?」という感じの発疹でしたが、腕や脚にあまりにもたくさん広がってきたので、受診をしました。 熱が出ると聞いていましたが、今のところ37度の微熱程度で済んでいます。 発疹が口にできると口内炎になるので、食べるときは痛がります。 他の発疹も痛がゆい様子ですが、比較的元気に過ごしています。
通常はわりと軽く済む病気だそうですが、重症化することもたまにあるとか。 感染症なので、治るまで友達とも遊べなくなります。 早く治って、元気になって欲しいと願っています。
みなさんも、暑い夏のど真ん中で、疲れがたまっていたりしませんか? 体調を崩しやすいときですので、気をつけてお過ごしくださいね。



 


▲ページトップへ
[イベント]
[暮らし]
[観光]
[千曲市]

 

素晴らしき我が街~発信
市民レポート
オンラインギャラリー
リンク集
スタッフブログ
エリアネット更埴ホームページ
エリアネット更埴facebookページ
掲載ご案内
ご利用ガイド

 このサイトは千曲市の発展と市民の利便性の向上を目的に、NPO法人エリアネット更埴が運営しています

Copyright(c) Areanet Koshoku All Rights Reserved     平成25年度長野県地域発元気づくり支援金事業