ログイン
ユーザー名:

パスワード:


市民レポート


記事一覧


頑張るNPO(2012/10/07)

「サムガク」と呼ばれる「NPO法人侍学園スクオーラ・今人」の学園祭に行ってきました。

普段教室に使っている部屋での展示やバザー会場です。


屋外のエリアもとても賑やかでした。


休憩スペースにはたくさんの人・人・人
そこで飛ぶように売れている「本気カレー」(私たちもおいしくいただきました)
手作りのピクルスがサービスでたっぷり!
出店コーナーでは、保護者のブースで農園で育てた焼きトウモロコシや焼き芋、焼きそばなどがあり、農園の野菜を使って生徒が作ったキムチ、いもシェイクや芋ようかんなども売られていました。
他にもフランクフルトやトッカンで作ったモロコシ・黒豆・米のお菓子など、おいしいにおいに食欲もそそられました。



そして「マモルーム」と称する2畳ほどの居住スペースの移動式住居の展示
太陽光発電で発電し、最低限の電力をまかなうことができ、災害の際には移動式住居としていろんな場所で使えるそうです。
マモルームのすごい所は、屋根に降った雨をタンクに貯めろ過装置で飲用水にする装置がついていることです



「魔法使いアキットのマジックショー」では、笑いながらふと心のどこかでキュンとなるような不思議な感覚におそわれました。
アキットさんのショーは、「マジックの種と仕掛け」でない部分でも、引き込まれる不思議な魅力と幸せをくれる素敵なショーでした。本気で「大拍手~~~~~」の一時間でした。

理事長の長岡さんとアキットさんのトークショーでは、
「子供たちに魔法をかけられるのは大人だけ」「長岡さんは子供たちを笑顔にする魔法を使える人」
という 魔法使いアキットさんの言葉が印象的でした。

アキットさんはきっと「生涯かけてみんなに幸せを贈る魔法をかけ続けていく人だなあ」と、今後のご活躍がますます期待される魔法使いでした。
かくいう私も心の中に「不思議の種」を植えつけられた一人です。



学園祭テーマは「つなぐ to take your hand」

最後の閉祭式まで見ることができませんでしたが、きっと感動の閉祭式になったことでしょう(●^o^●)
たくさんみんながつながれた分だけ、感動のフィナーレが思い浮かびます。

サムガクはこれからも大きく着実に目指すところに進んでいくのだなあと感じ、
おなじNPOの一員として「私たちも頑張らなくちゃ」と刺激を受けた一日でした。


By 山百合





 


▲ページトップへ
[イベント]
[暮らし]
[観光]
[千曲市]

 

素晴らしき我が街~発信
市民レポート
オンラインギャラリー
リンク集
スタッフブログ
エリアネット更埴ホームページ
エリアネット更埴facebookページ
掲載ご案内
ご利用ガイド

 このサイトは千曲市の発展と市民の利便性の向上を目的に、NPO法人エリアネット更埴が運営しています

Copyright(c) Areanet Koshoku All Rights Reserved     平成25年度長野県地域発元気づくり支援金事業